ブログ名

飽きたら消します

なんか色々マンネリ気味だ。飽きとは何なのだろう。あんまりカッコつけた言い方はしたくないけど、人生スランプ状態なうぽよ〜☆

絵を描いてる人なら誰でも経験あると思うのだが、自分の好きな絵が伸びない!というの一度はあるだろう。自分の場合とても納得できる絵がかけて、なんとそれを自室に飾っているのだが、いざ投稿するとまあ伸びない。伸びに期待しているわけではないが、とりわけお気に入りの絵が評価されないと悲しい気持ちになる。もう描くの辞めたいなぁ〜!!みたいな気持ちでいたのだが、沖縄旅行に2泊行って、絵をかかない状況を作り出したらまた描きたくなってきたのでもう性格なんだと思う。性懲りも無いとはこの事か。でもショックだよ!もう全人類私を見てくれ!飽くなき承認欲求!クソクソ〜!

こんな所でしか言えないのだが、やけに閲覧数が伸び出す絵があったからひとまずアクセス解析してみた。(1日に10回はチェックしてる気がする)すると、Twitterで私の絵をツイートしてる人がいた。思わず変な声が出た。悲鳴と雄叫びが混ざってた気がする。どうやらその人は「間違ってみんなの新着タップしちゃった!タグもタイトルも付けない変な人いたからツイートしとくよ!」ということらしい。………なんか自分のやってることが嫌になってくる、こういうことがあると。好きでそうしてるわけじゃねぇ。ホントはみんなに見てもらいてぇんだ。心だけは露出狂なんだ。という思いをこらえつつそっとスクリーンショットを撮り画面を閉じた。人知れずひっそり暮らしたいと思う癖に、同時にみんなに見てもらいたいと思う。どちらかというと、いまはもう人のいない所に行きたい、と感じる。無になりたい。何が言いたいかと言うと恥ずかしいのだ。日の目を浴びちゃいけない人間だと思うから、みんなの脚光を浴びるなど、ましてやツイートなど断じて絶縁していた。アカウント全消ししようかという思いがよぎった。(たったそれだけの事で)

ところがなんか嬉しい気持ちもある。懐かしい感覚、去年の夏を思い出した。あぁ、あの時は人気とともに嫉妬が増えてそれに耐えきれずに死んだんだよな。(一年経ったら自分の中でこう解釈されている)

狭いコミュニティの中でチヤホヤされておけばいい。怖い世界の外なんて知らなくていい。そう思うのは、自分がまだ子供だからだろうか。もう飽きたい、私が生きているのは多分、飽き尽くしてないからなんだろう。