ブログ名

飽きたら消します

エアコンと外気の高低差で頭が可笑しくなる。自分は狭い路地に入ってくのが趣味なのだが、何故かといえばいかに人目を浴びずに目的地に辿り着くかである。薄暗くて入り組んだ道の方が、人がいなくて静かなことが多い。なので常日頃未踏の路地開拓に励んでいる。この間なんか良かれと思って入った神社の裏道が、なんと女子大生の通り道だったのである。過剰人間の大敵の一人、女子大生。(ちなみに私的会いたくないランクは女子高生の方が高い)私は身を強張らせながら数人の女子大生と擦れ違った。めっちゃ見られてる気がして、もうこんなこと辞めてやろうかと思った。いつもこんな感じだ、何か辞めてやろうと思うけれど辞められない、何か変わろうと考えても変わらない、いわばただのニートである。…話を戻そう、路地裏探索は基本的に地元民か散歩中のじじばばとしかすれ違わない。暇だ。ところがたまにイヤホンで音楽聞きながら考える。同じように人目を避けて日陰を歩く仲間がいないだろうか。今のところあったことは無いのだが。